FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチエイジング(若返り)とは

アンチエイジング(若返り)とは、”体内の若さを保持して、しかも健康に愉快に生活する。"ことです。健康で、しかも”生活の質”を高める事こそがアンチエイジング(若返り)の価値なのです。

いくら高級な化粧品を使ってみても、評判のいい形成外科に行って徹底的に外見を若返らせたとしても、本当の意味ではアンチエイジング(若返り)とは言えません。
内面から常に若々しくあることが、アンチエイジング(若返り)なのですから。


皮膚は、体内の状態を表す鏡です。体の状態が悪いと、どうしても皮膚の状態も悪くなります。このような場合、まずは原因を探し、それを取り払うことで、体の内側から健康にし、外見のアンチエイジング(若返り)ケアにつなげることが重要です。

外側からの施術だけでは、見せ掛けのアンチエイジング(若返り)となってしまいます。そうではなくて体の内面から若々しくなってこそ、真のアンチエイジング(若返り)といえます。
スポンサーサイト

間違った洗顔方法はアンチエイジング(若返り)に良くありません。

間違った顔の洗い方をしている人が多いです。
洗顔方法が悪いと、それが元でアンチエイジング(若返り)に悪影響を与えてしまいます。

日常的な洗顔は余分な脂とちりを流すために重要なことですが、その洗顔方法が誤っていてはアンチエイジング(若返り)によくないことになります。

あなたはどんな洗顔方法で洗っていますか?

アンチエイジング(若返り)にいい正しい洗顔方法を紹介します。

最初は、メイクは小ぎれいにクレンジングで落としてから、次によく石鹸を泡立てます。
そして、直接、手で顔をさわらないようにして、手と顔の間の泡だけによって洗うような感じです。
手でゴシゴシと顔を洗ってしまうと、本来必要な脂までも洗い流してしまい、そのため肌の潤いがなくなりカサカサの皮膚になりかねないので、洗いすぎに注意してください。

では、すすぎについての注意ですが、体温とほぼ同じ温度のお湯をつかい、石鹸があとに残されないように、よく流してください。

さらに、拭くときは、できるだけ天然素材のやわらかいタオルで顔を包むようにして優しく拭くことが大切です。

ストレスを解消してアンチエイジング(若返り)

アンチエイジング(若返り)にとって、ストレスを減らすことはとても大切なファクターです。

ストレスと一言でいっても、本人が自覚しているストレスと、本人ですら認識していないストレスがあります。
この自覚していないストレスのほうが、体調不良や精神圧迫を引き起こし易いようです。

どんな人でも、若干のストレスがあります。
特に病気でもないのに体調不良や精神性障害を感じる場合は、自覚のないストレスからきているのかも知れません。
このような状況はアンチエイジング(若返り)にとって、とても悪い状態です。


それがわずかなストレスであっても、日常生活のなかで、自分に合うストレス解消方法を見つけ、日々少しずつストレスを軽減していくことがいいかもしれません。

アンチエイジング(若返り)、ストレスは禁物です、心にも体にも影響を与えている存在です。
しかし、現在社会に暮らしている私達は、ストレスを感じない状況を保つことは、本来難しいのが現実です。
ですので、アンチエイジング(若返り)のために、ストレスを軽減する方法を身につけましょう。


ストレスを軽減する方法はたくさんあります。その中からあなたに合った方法を発見してください。

体を動かすのが好きになっている人は、スポーツがいいでしょう。
特にアウトドア派であるならば、ハイキングに行って、山を登って、散歩します。
インドアがいいのであれば、音楽を聞いたり、映画をみにいったり、読書などがよい効果をもたらすことでしょう。

アンチエイジング(若返り)に良い食事

アンチエイジング(若返り)にとって食事は大切な要素になります。
アンチエイジング(若返り)によい食事とは、栄養バランスの良い食品が摂れる食事のことです。

従来の日本食は、アンチエイジング(若返り)にとって最高の料理と言われています。
玄米・味噌汁・魚・煮物・納豆などは、これだけでバランスのよい栄養素を摂り入れることが出来ていたのです。

しかし、日本食離れが進み、食事も西洋化している現代人にとって、従来のバランスの取れた日本食に完全に戻すことは難しいでしょう。

そこで、現代の食生活をしながら、いかにバランス良く栄養素を摂りいれたらいいのかというと、その答えの一つがサプリメントによる補充です。

もちろんサプリメントだけではアンチエイジング(若返り)に有効ではありません。
質の高い食品と適正なサプリメンが相まって、免疫力が高め、アンチエイジング(若返り)効果が発揮されると考えられています。

アンチエイジング(若返り)を目的とした場合、質の高い食品とは、実は個々人によって異なっています。それを調べるには、血液検査を行い、食品アレルギーを調べ、アレルギー反応が出た食品に関しては、一切食べないようにすることが効果的と言われています。

食品アレルギーを持っているにもかかわらず、知らずにアレルゲン食品を摂取しているという人が、実はとても多いのです。一度血液検査をして自分にとって何がアレルゲンになっているか知っておくことは、アンチエイジング(若返り)を考えている人にとって大切なことです。

アンチエイジング(若返り)に有効な食品

アンチエイジング(若返り)に有効な成分を以下にまとめますと

シソ・モロヘイヤ・にんじんに多く含まれるβカロチン
アンチエイジング(若返り)として身体に大切な食材を選ぶ場合、最初に思いつくのはβカロチン(βカロテン)ではないでしょうか。βカロチンは、身体に入ると部分的にビタミンAへと変化します。ビタミンAとは、卵・レバー・乳製品など、動物性の食品に多く含まれていますので、摂取しすぎると脂肪の摂りすぎになり易いのですが、βカロチンを摂取した場合、身体に必要な分だけがビタミンAへと変化しますので、アンチエイジング(若返り)の観点からいっても、ビタミンAを直接摂取するよりも、βカロチンからのビタミンA摂取の方がアンチエイジング(若返り)効果が高いのです。


ニンニクに多く含まれるアリシン
アンチエイジング(若返り)には、アリシンという成分も有効といわれています。アリシンは、ニンニクなどに含まれる、匂いの成分です。アリシンは、強力な殺菌作用と疲れ回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、解毒作用や病気などの抵抗力を高め、冷え性や食欲増進などの効果があります。アリシンの効果は、風邪の細菌・インフルエンザのウィルスなどに作用するなど、殺菌・抗菌作用が特に優れています。


玄米・チョコ・ナッツ類に多く含まれるアルギニン
アンチエイジング(若返り)にとってアルギニンも有効な成分です。アルギニンとはアミノ酸のひとつですが、成長ホルモンの分泌を助ける働きがあるため、発育期には必須アミノ酸と呼ばれ、大人になると体内で必要量が生成される為、必須アミノ酸ではなくなります。
成長ホルモンが不足すると免疫力が低下し、生活習慣病などの病気にかかりやすくなり、老化も早めてしまうなど様々な影響がでてきます。
成長ホルモンとは、病気に負けない抵抗力・病気を撃退する免疫力を高めてくれるアンチエイジング(若返り)にとって大切なものです。


にんじん・ほうれん草に多く含まれるアルファリポ酸
アンチエイジング(若返り)にアルファリポ酸が必要といわれているのは、活性酸素を抑制してくれる強力な働きがあるからです。アルファリポ酸には、ビタミンCや、ビタミンEの実に400倍もの抗酸化効果があると言われ、他の抗酸化成分を再利用するというリサイクル効果もあります。しかし、身体内で生産される量は微量でしかなく、年齢と共にその生産量は減っていきます。


オリーブ油に多く含まれるオレイン酸
植物性の油やナッツ類・ゴマ・大豆・チョコレートなどに含まれていますが、特にオリーブ油のエクストラバージンオイルと言われている一番絞りの最高級品・ツバキ油にたくさん含まれています。不飽和脂肪を摂取する場合、動物性脂肪よりもオリーブオイルから摂った方が、アンチエイジング(若返り)的には断然おすすめです。


ココア・チョコに多く含まれるカカオポリフェノール
ポリフェノールには300以上もの種類があり、その一つがカカオポリフェノールです。カカオには、ミネラル・ビタミンE・カルシウム・マグネシウム・食物繊維・炭水化物など、とにかくたくさんの栄養素が含まれています。特にポリフェノールは、赤ワインのおよそ3倍も含まれています。


いわし・ピーナッツに多く含まれるコエンザイムQ10
コエンザイムQ10は時としてアンチエイジング(若返り)の切り札と言われています。コエンザイムQ10はとても強力な抗酸化物質であり、生命活動に重要な補酵素です。
またビタミンCと並んでその抗酸化力はとても強く、コエンザイムQ10が存在している間は、資質過酸化物質の生成はほとんど完璧な状態まで抑えることが出来るということが報告されています。


豚バラ肉・牛スジ肉・うなぎに多く含まれるコラーゲン
コラーゲンのアンチエイジング(若返り)効果として、細胞の増殖・器官の形成・新陳代謝の促進・水分保持・骨強化などがあげられます。
コラーゲンが多く含まれている食材に、豚バラ肉・牛スジ肉・うなぎ・カレイ・鶏皮・鶏手羽・鶏なんこつなどがあります。


納豆・味噌・油揚げに多く含まれる大豆サポニン
大豆サポニンとは、大豆に含まれている、大豆たんぱく・大豆レシチン・大豆イソフラボン・大豆サポニンという4大成分の一つで、ブドウ糖が中性脂肪へと変化しないようにする作用があり、血中コレステロールの低下や、有害物質を排出する効果、余分な糖質や脂質を吸収しにくくするなどの中性脂肪低下やダイエットなどにも効果があります。


植物性油・豆腐・アーモンドに多く含まれるリノール酸
リノール酸とは、身体の中で生成できない必須脂肪酸の一つで、植物油に特に多く含まれています。その他の食材では、マーガリン・豆腐・納豆・アーモンド・ピーナッツ・ごま・マツの実・高野豆腐などに多く含まれています。


トマトに多く含まれるリコピン
リコピンとは、トマトに多く含まれているカロチンの一種で赤い色素成分であり、βカロチンより倍以上の抗酸化作用があると言われています。また、肝機能障害を予防する可能性が見出されてきており、注目を浴びています。

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

アンチエイジング(若返り)マエストロ

アンチエイジング(若返り)ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。